Excel小技:Ctrl+マウスでコピー

Excel小技:Ctrl+マウスでコピー

Ctrl+C じゃなくてもコピーできるんです

Excelの小技紹介です。
今回はセルのコピーと貼り付けの方法。
 

よくあるショートカットの紹介だと、キーボードで「Ctrl+C」でコピー、その後「Ctrl+V」で貼り付けするというもの。
確かにコピーと貼り付けは出来ますが、
「Ctrlキーを押しながら、マウスドラッグ」の方が早いことが多々あります。

やり方

「Ctrl+マウスでコピー」は次のようにやります。

1.コピー元のセルを選択

最初にやること
コピー元のセルを選択します。
複数セル、行、列でも大丈夫です。

 

2.Ctrlキーを押す

キーボードでCtrlキーを押します。
この時、キーボードは押しっぱなしにします。

 

3.コピー先へセルをドラッグ

マウスを使って、ステップ1で選択したセルをコピー先へ移動します。
※マウスでドラッグします
 

 

4.Ctrlキーを離す

コピー先へセルのコピーが出来たら、キーボードのCtrlキーを離して終わりです。
 

 

まとめ

ということで、今回は 「Ctrl+マウスでコピー」 について紹介しました。
列選択でも行選択でも対応できます。
ぜひ身に付けて、仕事のスピードアップを感じてみてください!

これが出来ると作業がサクサク進みます。

Excelカテゴリの最新記事