【便利な小技】マウスのホイールボタン(中クリック)の活用

【便利な小技】マウスのホイールボタン(中クリック)の活用

知っておきたいマウスのホイールボタン(くるくるの部分)の活用方法

今回はマウスの「マウスホイール」の部分、
通称「くるくる」の部分について、知っておくと便利な使い方を紹介します。

上下のスクロールをする方法は皆さん知ってると思いますので省略します。
それ以外の使い方を紹介していきます。

特記事項
この記事では、くるくるの部分を押し込むことを「ホイールクリック」と呼ぶことにします。
その他の呼び方として、「中央クリック」「中クリック」「ミドルクリック」など言い方がありますが、これらは同じ操作を表します。
ノートPCではくるくるする「ホイール」が無い場合などもありますので、
「ホイール」を付けずに「中央クリック」と呼んだりします。

Ctrl+マウスホイールスクロールで「拡大/縮小」

Ctrlキーを押しながら、マウスホイールをくるくるすると、
画像やPDF、ブラウザの表示内容を拡大/縮小することが出来ます。

上向きが拡大率UP ということで、拡大。
下向きが拡大率DOWN ということで縮小。
という動きが多い印象です。
ソフトにより異なるとは思いますが。

「リンク」をホイールクリックで「新しいタブで開く」

色々調べものをしている時に便利な使い方です。
リンクをマウスホイールボタンでクリックすると、新しいタブで開くことが出来ます。
「中クリック」と言ったりもします。

実際の動きは、以下のリンクをホイールクリックして確認してみてください。
このページへのリンク
※ブラウザにより異なる動きの場合があります

「タブ」をホイールクリックすると「タブを閉じる」

今度はタブを閉じる方法です。
WEBブラウザでタブが増えた時、今度は削除するのが面倒になるのですが、
ホイールボタンを使えばワンクリックでタブを閉じることが出来ます。

この時、わざわざ「×」ボタンを探してクリックする必要は無いです。
タブのどこかをホイールクリックすればタブを閉じることが出来ます。
カーソルを「ある一点」に合わせる行為は、出来るだけ減らすと楽になります。

もちろん、ブラウザまるごと閉じてしまえば全タブを終了できます。
一部だけ閉じたい時に使ってください。

タスクバーのアイコンをホイールクリックで「新規に開く」

タスクバーのアイコンをホイールクリックすると、新しく立ち上がります。
ブラウザならば新しいウィンドウが立ち上がります。

メモ帳の場合、新規に開きます。

ブラウザと同様、逆に閉じることも出来ます。

標準的なマウスの機能は積極的に使っていきたい

今回紹介したような、シンプルなマウスでも使える操作は覚えておいて損は無いです。
環境が変わっても使える操作は、どこに行っても使えるという利点があります。

ゲーミングマウスなど、ボタンが多数付いてるマウスもあり、
ここで紹介した操作よりも多くの操作をできるマウスもあります。
各ボタンをカスタマイズすることで、ボタン一つで様々な操作をすることが出来るというマウスです。

そのような高機能マウスを使って生産性をあげるのも良いですが、
並行して、上で紹介した操作も覚えておくことは重要です。

いつもと違うデスクトップPCやノートPCで操作する時、
職場が変わってマウスも変わってしまった時でも、
今回のような標準的な操作は引き続き使えますからね。

ノートPCの場合はキーボードショートカットも使えるように

ノートPCの場合は、タッチパッド(トラックパッド)なので少し扱いにくいかもしれません。
恥ずかしながら、私はあまり得意ではないです・・・。

もちろん、ホイールクリック(中央クリック)が使えれば、今回紹介した操作も出来ます。
使用するノートPCの製品によっては出来ない場合もありますが、
最近のノートPCであればホイールクリック(中央クリック)も出来ると思います。

タッチパッドに慣れることで効率も良くなりますが、
マウスが無い時のノートPCの場合には、是非ショートカットも使ってみてください。
ショートカットであればデスクトップでも利用できますからね。

【仕事が捗る】最低限覚えておきたいショートカット

まとめ

マウスについてるホイール、そしてホイールクリックでの操作。
意外と知らない人もいるようなので紹介してみました。

使える場面は多いので、是非タイミングをみて使ってみてください。

便利カテゴリの最新記事